宮古島でダイビングするには?

宮古島

今年の休みは宮古島でダイビングがしたいし、宮古島の海で潜りたいなぁ、、、

でも、宮古島って行った事ないし、そもそもダイビングってどうやるの?

そんなダイビングに対する不安宮古島の行き方について解説していきます。

宮古島でダイビングをするには

私は宮古島出身の者で宮古島でダイビングのライセンスを取得しました。

お世話になったダイビングショップのサイトにその時の私の記事が載っています。こちら

この時の私の体験を交えながら、宮古島でダイビングがしたいと考えている、あなたのお手伝いが出来ればなと思います。

ダイビングには2種類ある

ダイビングは大きく分けて2つあります

  • 体験ダイブ→ライセンスが要らない
  • ファンダイブ→ライセンスが必要

気軽にダイビングを楽しみたいなら体験ダイブで十分です。

ファンダイブをするにはライセンスを取得しないといけませんので、まずは体験ダイブからやってみる事をおすすめします。

宮古島でのダイビングの楽しみ方

ダイビングをやる前にだいたいの人が思う事は以下の4つだと思います。

  • 予約はどうするの?
  • 予算はいくら?
  • 持って行くものはあるの?
  • 気を付ける事はあるの?

私も最初は分からない事だらけでしたので順番に解説していきます。

予約はどうするの?

方法は2つ

じゃらん等の旅サイトに載っていないショップもありますのでこちらからあなたの希望にあったダイビングショップをお探しください。

予算はいくら?

参考までに私が利用した事のあるダイビングショップの値段を掲載します。(同じ条件、お1人様の値段)

ダイビングショップによって値段も条件も様々です。 沖まで出るか、ビーチ付近でやるか、によっても値段は変わってきます。だいたいどのダイビングショップも10,000円~16,000円くらいの値段です。 あなたの条件にあったダイビングショップで遊びましょう。 ショップ探しはこちら ※掲載している料金はボート体験ダイブの料金です。2019/5/6時点

持って行くものはあるの?

タオルと着替え

基本これだけで問題ありません(笑) 体験ダイブなら料金に機材代金も含まれています。 ファンダイブならお店で機材のレンタルができます。 参考までにアクアスターさんのサイトより抜粋です。 どのダイビングショップもこのようにも記載があります。もし記載がない場合は直接問い合わせてみる事をおすすめします。

気を付ける事はあるの?

ダイビングした直後は飛行機に乗れない

厳密にはダイビングで一回潜った場合、飛行機に乗るまで最低12時間空けることが推奨されています。 これはダイビングが終わったら体内の窒素を抜く必要があるからです。(詳しくはこちら) ですので、ダイビングをする際はこの事も頭に入れて旅行プランを考える必要があります。

番外編:泳げなくても大丈夫?

結論 問題ありません。 なぜなら 私も泳げないから(笑) ダイビングは泳ぐのではなく、沈むものです。 泳げない人は(私も含め)水中で体を浮かす事が苦手です。ですが、ダイビングに置いて体を浮かす技術なんて必要ないのです。大切なのはむしろ沈むスキルです。 泳げない私でもライセンスを取得出来たのですから、もしこれを読んでいて、泳げないしなぁ、、、と悩んでいるそこのあなた。 全然心配ないですよ! 一歩踏み出した先にこれまで見た事ない非日常の世界があなたを待っています! 宮古島でダイビングする方法が分かりましたか? 宮古島へ行く際は下記の記事も参考にしてください。

宮古島
スポンサーリンク
シェアする
写真の撮り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました